FC2ブログ
 

大人の習い事奈良市ピアノ教室【おんぷのひとりごと】

ごまかせない


保育系の大学に進学するにしろ、

大学に入ってから、ピアノの授業があるにしろ、

また、採用試験や資格取得にしろ、

ピアノ=実技 です。

少なからず、上記のことを目指す場合は、

『人前で弾く』ことをしなければ、なりません。

実技…というものは、『ごまかしが、利きません』

筆記試験なら、もしも、全く勉強していない場合でも、マークシート解答だと、例えば、4分の1の確率などで、

『どれにしようかな♪』

で、解答し 『まぐれで』正解する場合があります。

しかし、実技で『まぐれはありません』

やっていないのに、未経験なのに、『まぐれで弾ける』ことは、まずありません。

練習不足で、本番でうまく弾けなかった、力が出せなかった、ということがあっても、それは少なからず『練習した』という『実績』があります。

逆に、『練習よりも本番がうまく出来た』という『まぐれ』もあります。

でもそれは、『練習実績』があるからです。

練習なし=未経験 すなわち、ゼロにゼロを足しても、かけても、ゼロはゼロにしかなりません。

実技は、ごまかせない

本番で100%力を出せるよう、皆、練習するのです。

生徒さんに、私は言います。

『魔法使いじゃないんだから、練習しないで上手くは、弾けない』と言ってます。

もうひとつ、ピアノは、急に弾けるものでもないです。

毎日、毎日の積み重ねがあってこそ、日頃の成果が出せたりします。

筆記試験のような、『一夜づけ』や『まぐれ』はないのです。

その為にも、ぜひ、早め、早めの対策をされますこと、切に願います。

PageTop

時には、流す


おうちでの練習では、うまく弾けたのに、レッスンでは、間違える。

あれ?って思って、弾き直せば直すほど、上手く弾けない。

小さなミスが、どんどん大きくなって、気持ちも舞い上がって、何が何だかわからなくなる。

こんなこと、ありませんか。

特に、大人の生徒さんのレッスンで、よく見受けられる光景です。

間違えない、上手く弾けるに越したことは、ありません。

でも、間違えてしまったら、そこは、すぐに忘れて、次を上手く弾けるように、立て直して下さい。

早く、復活する。

間違えた~!って、いつまでも、間違えたことを引きずっていると、上手く弾けるところも弾けなかったりします。

早く気持ちを切り替えて、残りの部分を最大限、心を込めて、上手に弾きましょう。

先日も、そんなお話をしていると、

『そういう考え方もあるんですね、すごく気持ちが、楽になりました』

と言われました。

もちろん、おうちでの練習で、間違って弾いたら、その部分をしっかり練習して下さいね。

でも、通して弾く場合は、ちょっとミスしても、止まらずに弾く。

時には、流す。

そういう精神力も、必要です。

発表会や、試験の時に、止まらずに弾く という習慣づけにもなります。


PageTop

連休中も お問い合わせ 受け付けています


ゴールデンウィーク中は、暦通りレッスンしております。

祝日は、レッスン&体験レッスンもお休み頂戴しています。

ただし、体験レッスンのお申し込み、お問い合わせは、受け付けておりますので、ホームページ、お問い合わせフォームよりお尋ね下さい。


ひとりひとりを大切にし、豊かな感性を育てる【やまなかみゆきピアノ教室】




PageTop

大人の方の練習方法


大人の方が、ピアノを練習しようとすると、毎日の時間の確保だけでも、大変ですね。

子どもの方と違い、いろんな環境や状況の中で、その生活の中に『ピアノ』という枠を 組み込んでいかねばなりません。

子どもの生徒さんには、

『練習する時間を決めて練習する』

とアドバイスしていますが、大人の方は、なかなか、そうはいきません。

なので、練習方法としては、『すきま時間を利用して練習する』のが、良いのではないでしょうか。

日曜日など、比較的時間のある時は、ゆっくり、ゆったり練習に取り組めば、良いと思いますが、会社や学校など平日は、バタバタと1日が過ぎていきますね。

平日は、一度に、出ている宿題や、やっているテキストを全部やろうと思わず、 『1冊だけ』 とか、『1曲だけ』 練習するのがオススメです。

もっと時間がない!とい方は、 1曲の中の 『弾けない場所がある段』だけとか、1曲の半分、4分の1 とか、1段 とか、細切れにして 『 今日はこれだけ』 と決めて練習する方が、効果があったりします。

逆に主婦の方など、平日のご家族がいらっしゃらない時間を利用して、お一人の時に、集中して練習されるのもよいかと思います。

それでも、(私もそうですが)平日のひとりの時間といっても、いろいろ用事があって、とかく『主婦業 』も忙しいものです。

上記のような『1曲細切れ作戦』で、上手に時間をみつけて、練習して下さい。

好きなことや、頑張ろうと思っていることに対しては、人間、どうにかして時間を作るものです。

忙しい日常から、少しだけ離れて、『ピアノを弾く』 楽しい時間、癒しの時間、自分だけの時間を 確保して下さいね。


頑張りましょう (^o^)/


・・・・・・・・・・・


無料体験レッスン、受付中です。
ホームページ、お問い合わせフォームよりお尋ね下さい。

ひとりひとりを大切にし、豊かな感性を育てる【やまなかみゆきピアノ教室】



PageTop

3つのコード(和音)で



当教室では、初心者の生徒さんから、コードネームを取り入れたレッスンをしています。

ハ長調(♯や♭がつかない)で、とりあえず、

C、F、G7 というコードネームを覚えると、ほとんどの曲を メロディーだけの楽譜でも、伴奏をつけて弾くことが、できます。

C…ドミソ

F…ドファラ

G7…シファソ

この基本の3つを 使いこなせるようになると、断然、ピアノが楽しくなります。

ぜひ、コードを使って弾く楽しさを 知って下さい!

そんな、レッスンを展開しております。

ひとりひとりを大切にし、豊かな感性を育てる【やまなかみゆきピアノ教室】


PageTop