FC2ブログ
 

大人の習い事奈良市ピアノ教室【おんぷのひとりごと】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

時には、流す


おうちでの練習では、うまく弾けたのに、レッスンでは、間違える。

あれ?って思って、弾き直せば直すほど、上手く弾けない。

小さなミスが、どんどん大きくなって、気持ちも舞い上がって、何が何だかわからなくなる。

こんなこと、ありませんか。

特に、大人の生徒さんのレッスンで、よく見受けられる光景です。

間違えない、上手く弾けるに越したことは、ありません。

でも、間違えてしまったら、そこは、すぐに忘れて、次を上手く弾けるように、立て直して下さい。

早く、復活する。

間違えた~!って、いつまでも、間違えたことを引きずっていると、上手く弾けるところも弾けなかったりします。

早く気持ちを切り替えて、残りの部分を最大限、心を込めて、上手に弾きましょう。

先日も、そんなお話をしていると、

『そういう考え方もあるんですね、すごく気持ちが、楽になりました』

と言われました。

もちろん、おうちでの練習で、間違って弾いたら、その部分をしっかり練習して下さいね。

でも、通して弾く場合は、ちょっとミスしても、止まらずに弾く。

時には、流す。

そういう精神力も、必要です。

発表会や、試験の時に、止まらずに弾く という習慣づけにもなります。


スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。