FC2ブログ
 

大人の習い事奈良市ピアノ教室【おんぷのひとりごと】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ごまかせない


保育系の大学に進学するにしろ、

大学に入ってから、ピアノの授業があるにしろ、

また、採用試験や資格取得にしろ、

ピアノ=実技 です。

少なからず、上記のことを目指す場合は、

『人前で弾く』ことをしなければ、なりません。

実技…というものは、『ごまかしが、利きません』

筆記試験なら、もしも、全く勉強していない場合でも、マークシート解答だと、例えば、4分の1の確率などで、

『どれにしようかな♪』

で、解答し 『まぐれで』正解する場合があります。

しかし、実技で『まぐれはありません』

やっていないのに、未経験なのに、『まぐれで弾ける』ことは、まずありません。

練習不足で、本番でうまく弾けなかった、力が出せなかった、ということがあっても、それは少なからず『練習した』という『実績』があります。

逆に、『練習よりも本番がうまく出来た』という『まぐれ』もあります。

でもそれは、『練習実績』があるからです。

練習なし=未経験 すなわち、ゼロにゼロを足しても、かけても、ゼロはゼロにしかなりません。

実技は、ごまかせない

本番で100%力を出せるよう、皆、練習するのです。

生徒さんに、私は言います。

『魔法使いじゃないんだから、練習しないで上手くは、弾けない』と言ってます。

もうひとつ、ピアノは、急に弾けるものでもないです。

毎日、毎日の積み重ねがあってこそ、日頃の成果が出せたりします。

筆記試験のような、『一夜づけ』や『まぐれ』はないのです。

その為にも、ぜひ、早め、早めの対策をされますこと、切に願います。

スポンサーサイト

PageTop

幼稚園 保育園でお仕事されたい方


最近、年度途中での幼稚園、保育園への就職や、再就職など、新卒での就職ではない採用試験の合格を 目指される方のお問い合わせが、少なからずあります。


幼稚園と保育園、公立と私立、また、それぞれの組み合わせなどによって、傾向と対策が変わってくるため、レッスンの内容も、変わってきます。

例えば、私立の幼稚園と公立の幼稚園。

採用試験の内容は、さまざまで一概には言えませんが、公立の場合は 『バイエル』が、課題曲として取り上げられることも多いです。

私立幼稚園では、その幼稚園独自のピアノ実技試験をすることが、多いので、実技試験の内容が発表された段階で、対策していくしかないですが、

いずれにせよ、実技試験の段階になって、慌てないように、日頃から、幅広くレパートリーを増やしておく必要があります。

『バイエル』と言っても、バイエル106番までありますから、106曲をいつも弾ける状態にしておくことに、越したことはありません。

最初の50番くらいまでは、あまり課題曲として取り上げられる可能性は少ないにしても、特に、80番前後の、シャープがたくさんある調の曲や、80番以降の曲は、きちんと仕上げておきたいものです。

バイエルを 重点的にレッスンしていく場合。

あるいは、自由曲(ブルグミュラーやソナチネ)などを レッスンしていく場合。

あるいは、その両方の組み合わせをレッスンしていく場合。


プラス、弾き歌いは、どこの採用試験でもあります。

全ての課題をこなす持久力も必要です。

たくさん弾いても疲れない指…。

指のトレーニングもまた、大切な課題です。

採用試験対策のレッスンでは、その方の目指される方向に合わせて、レッスン内容を 一緒に考え、組ませていただきます。

ご希望や、ご心配なこと…お伝え下さいね。





ひとりひとりを大切にし、豊かな感性を育てる【やまなかみゆきピアノ教室】


PageTop

採用試験のためのレッスン

通常レッスンは、来週からですが、今年のレッスンは今日、短期集中レッスンから始まった【やまなかみゆきピアノ教室】です。

採用試験の合格を目指すためのレッスンと、資格取得のためのレッスンは、アドバイスやお教えすることが、多少変わってきます。

例えば、ヤマハのグレード試験なり、保育士の資格試験では、ある一定のボーダーラインがあります。
つまり、『何点以上で合格』とか、『何点に満たなければ不合格』などのラインです。
これを 越えれば良い訳で、ある意味、自分で努力して合格ラインを目指す。
そのためのレッスンとなると、その合格点を取るには…、という話になります。

採用試験の対策というと、正直なところ、ボーダーラインが明確ではありません。
どういう人材が欲しいのか、どういうことをすれば、『採用してもらえるのか』

ピアノが、バリバリ弾けて完璧!だとしても、採用されるとは限らないのです。
弾けないより、弾けるに越したことはありませんが。

保育園幼稚園の教員採用試験を受ける際に、ピアノの実技で、どう弾けば『人より好印象』つまり、高得点になるのか、同じ採用試験を受ける人との『競争』になります。

どんなに高得点を取っても『採用枠』に入らないといけません。
試験官も人間です。
マークシートのように機械が採点するのではないのです。

好印象を持たれるために、採用されるために、どう弾けばより良いのか…の話になってきます。

もちろん、他の実技、絵本であったり、図画工作も出来ての話ですが…。

ひととおり弾けた、間違わずに弾けた…、だけではなかなか難しいですね。

PageTop

明けましておめでとうございます



本年も、【やまなかみゆきピアノ教室】を よろしくお願いいたします。

より良いレッスンを ご提供出来るように、私自身も、ますます精進していこうと思います。

さて、年末は、バタバタと新年早々にある 『保育園幼稚園系採用試験』についてのお問い合わせがありました。

課題曲は、バイエルの指定曲1曲と、弾き歌い5曲!

課題曲発表の日から、試験日まで3週間余りしかなく、大変過酷なスケジュール。

そんな中でも、レッスンのお申し込みがあり、レッスンさせていただきました。

こういう 『短期集中レッスン』の場合は、いろんなレッスン形式がありますので、『その方に合ったレッスン』 『その方に必要なレッスン』内容をオーダーメイドでさせていただいてます。

内容は、プライベートレッスンなので、差し控えさせていただきますが、とにかく内容の濃いものです。

生徒さんと相談しながら、試験日までのレッスン日も決めていきます。

お困りのことを少しでも軽減し、ご希望に添えるようにレッスンします。

どうぞ、何かお困りのことがありましたら、ホームページのお問い合わせフォームから、お気軽にお問い合わせ下さいね。

ただし、メールでのレッスンは、いたしかねますので、ご了承下さいね。

PageTop

保育士、幼稚園の先生を目指すなら…

先日の日曜日、無事に今年の発表会が、終わりました。

子供の生徒中心の発表会ですが、大人の方もぜひ、参加されることをオススメします。


特に、保育士、幼稚園の先生を目指して、ピアノをレッスンされている方は、こういう機会をうまく利用して、

『人前で弾く』

『緊張感を味わう』

など、舞台特有の雰囲気を経験しておくと、入試の実技試験の時に、少しは、負担が軽減されるのでは、ないでしょうか。

確実に、幼児教育系の進学を目指すのであれば、

例えば、自分が弾く発表会の曲以外に、子供が歌う歌の伴奏であったり、

舞台裏での、舞台待ちをする子供の生徒さんをまとめる役であったり、

なにかしらの、子供に関係することを やっていただいています。

一回でもたくさん舞台を踏んで、実技に強くなっていただきたい。
そう思っています。


発表会…、と聞くとつい、敬遠してしまいますが、プラス思考で、進んで参加して下さいネ (^o^)/



PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。